いざという時のため、貯金はしておいた方がいい

ついこの間、至急お金が必要になりました。

今のマンションに住んで10年になりますが、すっかり忘れてしまっていたのです。マンションの更新時期です。

2年ごとの更新なのですが、今まで一度も忘れた事はありません。

私は独身で好きな時に好きなようにお金を使ってしまうタイプで貯金なんてありません。

ですが、更新の時期には無駄遣いをせずその分はきちんと残しておくようにしていました。

それが、働いていた職場がなくなり就職活動などでバタバタしていたせいで本当に忘れていました。

ポストを開けると不動産屋からの封筒が・・
家賃は1カ月10万5千円です。

更新の費用は家賃の2か月分、そして火災保険料が2万円+家賃なんたら保障料が3千円くらい・・合計23万31千円。

やばいと思いました、どうしようと思いました。
仕事も失くし収入もないのにどうしたらいいのかと。

実家とはほぼ縁を切っている状況です。
親を頼ることはまず出来ませんでした。

友達に借りるなんてことも絶対にしたくありません。

不動産屋さんに状況を説明し期限を延ばしてもらおうかとも考えましたが、仕事がなくなってしまった事を言うのは嫌だなと思いできませんでした。

何かお金になる方法はないかと馬鹿な頭で考えてみました。
まずは要らなくなったもの、使わなくなった物を売ろうと考えました。

マンガや小説の本がありました。
マンガに関しては1000冊以上あったので、これを古本屋に持っていきました。

1000冊もあったのでそれなりになるのでは・・と期待したのですが、全部で2千円弱です。ショックです。
あと、ゲームソフトも売りました。

10本程持っていき1万円にもなりませんでした。
箱があればもう少し高くなるそうですが、後の祭りです。

その他にも洋服やバックなども売りましたが、20万円には全然手が届きません。

クレジットカードのキャッシングを使おうとも考えたんですが、万が一返済できなかったらヤバいと思い止めました。【http://xn--qdkr3esb2860b301d.com/

そして最終手段・・

付き合っている彼のお母さんに頭を下げて貸してもらう事にしました。

快く貸してくれましたが、こんな女どう思っているのでしょう・・
1日も早く仕事をみつけないと・・と心に誓いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です